念珠仏具おみやげお食事高野山中本名玉堂アクセスお問い合わせ


カゴの中を見る

合計:0

商品数:0

本連念珠
片手念珠
腕輪念珠
中本オリジナル商品
仏具
お土産

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品検索
商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力




Find on us


ようこそ中本名玉堂へ

 ようこそ中本名玉堂にお越しくださいました。当店は高野山の中央、小田原通りにあります。

 当地では一木一草、路傍の石にいたるまで悠久の歴史を感じさせてくれます。地名にある小田原通りと言うのも、近くにある「高室院」(たかむろいん)が豊臣秀吉の小田原攻めで有名な、小田原北条氏の菩提寺(ぼだいじ)であるところからその名が付いたそうです。

 千二百年前に弘法大師.空海上人によって開かれたお山で以来、法灯連綿(ほうとうれんめん)と今日に至っています。海抜1000メートルの山上都市で、外八葉、内八葉の16の外輪山に囲まれて、まるで蓮(はす)の花が開いたような形の山上盆地です。

 古来より人々が極楽浄土をイメージして参詣登山されたのもさもありなんといった所です。もし弘法大師がここを開創なさらなかったとしたら、今日でも人跡未踏の山奥であったに違いないと思います。その昔は、女人禁制(にょにんきんせい)のお山で、女の人は入山できませんでした。明治政府の太政官布告によってそれは解かれましたが、女性がこの地に住みついてまだ100年少々ということになります。江戸時代にはもちろん女性は住んでいないわけで、子がいません。寺院は弟子に譲られ、商家は番頭に譲っていました。

 当店も「古手屋九兵衛」という屋号で代々番頭が相続して私で16代目となります。奥の院にある代々店主の墓石群がその歴史を雄弁に語ってくれます。私の曾祖父が現在の「中本名玉堂」(なかもとめいぎょくどう)と変名して、以来世襲となりました。昔はその名のとおり古物を扱っていたようですが、名玉堂となったときは数珠の玉を意識してのネーミングで、もちろん数珠がメイン商品になったようです。

 時代の変遷と共にその形態も変化して今日は、仏具、おみやげ品と商品数もボリュームアップされ、団体食堂、レストランも併設しお客様にお食事も差し上げることが出来るようになりました。総本山金剛峯寺御用達の金看板を頂き、全国の寺院、教会をはじめ、旅行エイジェント各社からもご利用、ご愛顧を賜り感謝申し上げております。

 「品物と共に満足を買っていただく店」をモットーとして「通信販売部」も充実し、お客様にお喜び頂けるよう心がけております。ご愛顧の程、お願い申し上げます。

株式会社中本名玉堂
代表取締役社長 中本勝也


店名 霊峰高野山 中本名玉堂
会社名 株式会社中本名玉堂
所在地 〒648-0211
和歌山県伊都郡高野町高野山765番地
電話番号 0736-56-2024
FAX番号 0736-56-4432
メールアドレス info@koya3.com
営業時間 8:00~18:00
取扱商品 念珠、仏具、高野物産
配送方法・お支払方法 念珠の豆知識 念珠のお直し 高野山 開創1200年